2016年11月08日

全国技能大会公開練習会

こんにちは😃
植田浩行です

本日、弊社、渡瀬の全国技能大会の公開練習会を開催しました

組合の役員さん、青年部の皆さんをお招きし緊張感ある中の練習をさせていただきました

出来上がった後も細かいところまで皆さんにアドバイスをいただきました
ありがとうございます(^ω^)

静岡新聞さんも取材に来て頂き、組合、大会のPRができたと思います

さらなるレベルアップで金賞目指しますよ!

天野委員長の解説

ADC790F9-BBA2-4F8C-BA29-69715019027E.jpg

作業風景

EE5D32F7-C0D5-464E-A16D-61739CA091A3.jpg

厳しい目で見てくれています

0D8E5FCE-9BEA-4DE8-BC09-5FC4DE03C0D1.jpg

指摘事項がたくさん出ました!

62091C8D-A2C3-430C-9A62-03F57588F159.jpg

静岡新聞さんの取材を受けてます

4CE51288-922A-431E-A0D5-2E7CB1713E7B.jpg

posted by はいでん at 21:29| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事組合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

御前崎中学校面接指導に行って来ました

御前崎中学校に面接指導に行って来ました
子供達より緊張しましたよ(*´∀`*)

少しでもお役にたてれれば
いいかな〜と思います28D2F1C4-F8A1-4F8D-931D-F83D7A9A87D7.jpg
posted by はいでん at 12:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

職業体験

中学生が職業体験に来てくれてます
朝は、会社概要の説明、企業理念、目的などを学校の教育方針に合わせて説明

いま1番感じることは何をやるにも目的などを説明してあげることが大事だと思います
D0713786-37E4-4E0F-8B9F-A94D9DAE4744.jpgBB7875F0-4D6A-41D8-9EB2-2BA074A53B04.jpg277DB43D-45AF-4DDB-BD99-8BDC713B348D.jpg
あとは
初日から穴掘りで汗を沢山かいてもらいました
頑張ってますよ
posted by はいでん at 16:16| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

年度末

こんにちは植田です
年度末バタバタしております。

4月に入ってもいろいろお仕事頂いております。
いつもは4月から6月は受注に苦しむのですが
今年は6月まで見通せて嬉しい限りです(^_^)

感謝、感謝の毎日です

さあ、シーズンインですね〜
夜の外出は3月いっぱいで終了です(笑)
4月以降夜の外出はしませんよ〜(^ー゜)

今年こそレースで全日本に出れる成績を残したいですね( ̄◇ ̄;)


posted by はいでん at 12:48| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

ジャパンハート

こんにちは 植田です。

ジャパンハートに法人としてのサポートですが寄付しました。

http://www.japanheart.org/

代表の吉岡さんは有名な方だったようですが今回、情報誌で内容や志を知り
さらにホームページを見て賛同し寄付しました。

自分たちが行っているスマイルプロジェクト、渚の交番の事業にも通じるものがある。
高い志、情熱があればこんなことが出来るという事例だと思います。



まだまだ自分たちに足りないものを感じ日々精進していかなければいけないと反省です。
以下 代表の吉岡さんの今のホームページのあいさつ文です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ジャパンハートができて10年目の節目である。

この節目に、もう一度、”ボランティア”という概念について足元を確認してみたい。
私たちジャパンハートが考える”ボランティア”とは一体、
どのような形なのかということである。

私たちが考える”ボランティア”とは以下の概念に当てはまるものだと定義している。

自分の余力でやっている利他的な行為。
すなわち、自分の時間もお金にも比較的余力があり、
それを用いて時に専門的技量を用い、
時にそれとは全く関係ない自己の労働によって行う
一連の利他的な行為と定義することができるかもしれない。

私のように人生を賭け、金銭的な見返りを活動そのものからは求めず、
時間もすべて投入するような有様は、
おおよそ”ボランティア”ではない。
これは、生き様やミッションと呼ぶことになるかもしれない。
多くの人たちにとってのそれは日本の現場の中にあり、
私だけに特別に与えられているわけではない。

それぞれに人たちがそれぞれのミッションを日本で全うしながら、
私たちのような活動に参加して、その余力を行使しているのが
”ボランティア”なのだと思う。

余力だからこそ、相手から見返りを求めない。
”ボランティア”とは”自分の余力で、自分のためにやっている行為”だからだ。

そして今、年間数百人の人たちが、私たちの活動にその大切な自分の時間とお金と能力を使い参加してくれる。
そして、多くの不遇な人々が幸せになる。

誰も損しない活動は、成功するに決まっている。

あとは時代に後押しを受けているかどうか?
3・11東日本大震災のあと、チャリティーに対する国民の意識は変わったか?
医療者たちの意識はどうか?
世界、特に先進国ではチャリティーはどのように考えられるようになってきたのか?

これらすべてが、私たちの活動を時代の要請にしている。
時代の後押しなくして、万事うまくはいかない。

ジャパンハートは10年の節目を機に、さらに高い時代の要請を受け取りたいと願っている。

特定非営利活動法人ジャパンハート 代表 吉岡秀人
posted by はいでん at 19:43| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする