2012年01月04日

2012年は

あけましておめでとうございます。
植田浩行です。

2011年関わりを持たせていただいている皆様には大変お世話になりました。
改めて人とのつながり「ご縁」が私達を支えてくれていることに「感謝」です。

さて去年を振り返りながら今年のテーマに関して綴ってみようとフト思ったので書いてみようと思います

植田浩行 今年のテーマ

「和・・・生きるということ」

2011年は日本にとって大震災、政治の迷走、原発問題と心を痛める問題発生の始まりの年でした
解決しなければいけないこと、前に進めなければいけないことが沢山あります。
未だに迷走を続ける日本、そのことについて言いたいことを言っているメディアや評論家、
そして何より悪いのは、政治家の行動が伴わない言動で
「言葉の重み」「責任の重み」
がこの日本から消えていくような気がします。

そしてエネルギー問題や経済活動、TPPなど自己中心的な議論にも心が痛みます。
すべての問題は人が引き起こし、人間関係がこのような悲しい現実を生むのです
私達はその現実を受け止めなくてはいけません。
年末、会社でも問題が発生しました。それも人間性、人間関係の問題がすべてなのです。

さまざまな今の現状を踏まえ今年は「和を持って生きる」とは何なんだろう?
どうすればいいのだろうかということを追求しながらより良い人間関係、より良い経済活動、そして社会がよりよくなるように活動をしていこうと思っています。

今年はこんなテーマで一年やっていきます

応援よりしくお願いします!


posted by はいでん at 12:29| 静岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
運命ってことば信じてる?私は信じてる。言葉にすると乙女過ぎて笑えるけどそういう感覚ってない?「あっ、この人と結婚するな」とか相手との結婚生活のビジョンが見えたり。そういうのって運命ってことじゃないかなぁって私は思ってる。だから一期一会大事にしていくつもり
Posted by 出 会 い at 2012年01月19日 11:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック